札幌許可申請・法人設立相談室(行政書士・千田大輔事務所)のご案内

   事務所名

 行政書士 千田 大輔(センダダイスケ) 行政法務事務所

  所在地

〒060−0042   
札幌市中央区大通西11丁目4番地
登記センタービル4階(札幌中公証役場下階) 

地下鉄東西線 西11丁目駅 2番出口 徒歩1分  

                     地図はこちらです

  アクセス

地下鉄・東西線西11丁目駅2番出口徒歩1分程度             
 お車でお越しの方は近隣のコインパーキング
(コンチネンタルパーキング等)
をご利用ください。

  受付電話

 (見積・依頼) 

icon_freedial.gif  0120−1717−79
               お電話でのお申込みの仕方はこちら

  E−Mail

daisuke@senda-gyousei.com

  FAX

011−213−0902

  営業時間

月曜〜土曜 午前9時〜午後8時まで

  休業日

年末年始・日曜日祝日が月〜土の場合は営業しております。

   所属

北海道行政書士会所属 登録番号 第05010591号

  HP URL 

http://www.kyoka-dsjimsho.com/ (本HP)

http://www.souzoku-dsjimsho.com/ (相続手続きHP)

http://www.kensetsu-dsjimsho.com/ (建設業許可HP)

事務所代表者プロフィール(各種許認可・会社設立等専門家)

 代表行政書士

千田 大輔(センダダイスケ)

北海道行政書士会所属  登録番号 第05010591号 
札幌支部会員      会員番号 第4590号                

行政書士登録確認は

 http://www.gyosei.or.jp/search/search.cgiでご確認下さい。
会員法人検索システム.jpg

※ 上記登録確認サイトは日本行政書士会連合会の公式HPです。

  生年月日

 1981年(昭和56年)1月26日生まれ

  年齢

 35歳

  血液型

 A型

  略歴

最終学歴: 北海学園大学法学部1部法律学科卒(2004年卒)
職   歴: 佐藤行政書士法人勤務

       平成17年4月2日独立開業

  保有資格

 行政書士・実用英語検定2級など

 得意科目は民法

  趣味

 旅行・野球観戦(日本ハムファン)

 
 □ 取材経歴: 2008年3月号 ON−IKUSUS BUSINESS

士業_千田行政書士.JPG

 
竃k海道日本ハムファイターズ様 からご依頼をいただきました。

(写真 前代表取締役・津田社長 有原投手をドラフトで引き当てた方です。)

日ハム社長1.JPG
 
 スピードスケート金メダリスト 清水宏保 様 からご依頼をいただきました。

清水さん写真1.JPG

当事務所の特徴

 当事務所は次のような点の特徴を持っております。

 

☆許可取得できるかどうかの法律上の要件を無料で診断します

 世の中には1万種類もの許認可があると言われております。許認可を得るためには、法律が定める要件を満たす必要があり、許可要件はおおむねヒト・モノ・カネに関する事項となっております。

 

 ヒトは経験や資格の有無、モノは経営するに足りる会社および個人の資産、カネは資本金や預金○○円以上などです。許可要件はすべて法律に規定されておりますが、一から法律を調べたり、役所に何度も足を運ぶ必要があるので、許可を得るという行為は非常に大変な手続きとなります。

 

当事務所はスピーディーにお客様からヒアリングした許認可の要件を調べ、許認可を得ることができる状態なのか、できるとすればどのくらいの可能性で許認可を得れるのかを無料で診断しております。

 

 許可を得ることができるかどうかの判断がつけば、そこから様々なことを進めていける訳ですから、是非当事務所に許可要件診断をお任せ下さい。

 

☆許認可等取得の他、法人設立・融資申請も支援します

 許認可申請と合わせて法人を立ち上げたい、融資の申請をしたい方のお手伝いやアドバイスも行っていますので、経営のトータル面でお客様をがっちりサポートできます。

 

 当事務所は小さな事務所ですので、大量の業務受任はせず、一人一人のお客様を大切に細部に渡ってコンサルティングさせていただきます。

 

☆契約上の重要事項は業務開始前にしっかりと説明します

 当事務所のようなサービスの場合、ものを売る商売でないので、報酬や費用が不明確になりやすいところがあります。また、特に許認可取得では許可申請が可能だとして、いつ頃許可が下りるのかなど非常に「時間」が重要となってきます。

 

 当事務所は、ご依頼人の方が不安に思っている事項をたっぷりと時間をとり、ていねいにわかりやすご説明させていただきます。お客さまが納得できないまま、お話を進めることはありませんのでご安心ください。

 

 

▲このページのトップに戻る